松谷化学、希少糖の製造に使う異性化酵素の安全性を日本でも確認

 新規酵素プシコースエピメラーゼを用いて高効率生産した希少糖プシコースが、日本で実用化可能になった。2020年3月31日に厚生労働省が官報に掲載した。でんぷん加工と機能性食品素材の総合メーカーである松谷化学工業(兵庫県伊丹市)が2018年10月までに厚労省に申請していた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)