サンバイオ、眼科領域で中国Ocumension社と提携

 サンバイオは2020年3月31日、眼科領域に対する細胞医薬の開発および事業化を進めるために、中国Ocumension(Hong Kong)社と提携したと発表した。同社が保有する細胞医薬パイプラインのうち、SB623を網膜色素変性症および加齢黄斑変性(ドライ型)に対する治療薬として、MSC2を視神経炎の治療薬としてそれぞれ両社共同で開発する。中国(香港、台湾、マカオを含む)での開発費用を負担してもらう代わりに、中国での独占的開発販売権を付与する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)