塩野義、IT、AI創薬の基盤獲得に向けて中国の巨大保険グループと提携

 塩野義製薬は2020年3月30日、中国平安保険グループとの間で資本業務提携に関する基本合意書を締結したと発表した。7月末までをめどに、中国平安保険またはその子会社との間で、塩野義51%、中国平安保険49%の出資比率で合弁会社を設立するとともに、中国平安保険の子会社である中国平安人寿保険に対して第三者割当による自己株式処分を行う。第三者割当を行う株式数は発行済み株式の約2%に相当する635万6000株で、塩野義は対価として中国平安保険から335億円を受け取る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)