ジーンテクノサイエンス、再生医療分野の研究開発で進捗相次ぐ

 ジーンテクノサイエンス(GTS)は、2020年3月27日、Web説明会を開催。再生医療分野の研究開発において、基盤技術の確立やパートナーとの提携など複数の進捗があったことを報告した。谷匡治社長は、「バイオシミラーに加えて再生医療分野にもかなり注力している」とアピールした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)