英Silence社、英AZ社と心血管・腎・代謝・呼吸器疾患にsiRNA薬開発へ

 英Silence Therapeutics社は2020年3月25日、英AstraZeneca(AZ)社と低分子干渉RNA(siRNA)医薬の共同開発契約を締結したと発表した。適応候補は心血管疾患、腎疾患、代謝性疾患、および呼吸器疾患で、Silence社が持つsiRNAの創薬・送達技術を活用し、有効な治療法が実現できていない疾患を対象にファースト・イン・クラスの新薬を創出する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)