米AlloVir社、米Baylor Collegeと新型コロナに他家T細胞治療を開発へ

 米AlloVir社は2020年3月23日、米Baylor College of Medicineとの提携契約を拡大し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を含むコロナウイルスを対象とする他家T細胞治療を共同開発すると発表した。AlloVir社専有の基盤技術を活用し、コロナウイルス感染症に対する単独療法、並びに併用療法の確立を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)