米Carisma社ら、CAR導入マクロファージ療法が固形がんに有望

 米Carisma Therapeutics社と米Pennsylvania大学Perelman医学大学院などの研究者たちは、2020年3月23日、キメラ抗原受容体(CAR)遺伝子を導入したマクロファージ(CAR-M)療法の固形がん治療における有用性を示した前臨床の研究結果を、Nature Biotechnology誌に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)