中国研究者、新型コロナなどコロナウイルス感染予防向け分子を開発

(2020.03.27 08:00)1pt
大西淳子

 中国復旦大学などの研究者たちは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を始めとする、ヒトに感染するコロナウイルスに幅広く作用するリポペプチドEK1C4を作製し、in vitroとマウスを用いた実験で有効性を示す結果を得た。研究成果は、2020年3月12日、bioRxivに公開された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧