中国研究者、新型コロナなどコロナウイルス感染予防向け分子を開発

 中国復旦大学などの研究者たちは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)をはじめとする、ヒトに感染するコロナウイルスに幅広く作用するリポペプチドEK1C4を作製し、in vitroとマウスを用いた実験で有効性を示す結果を得た。研究成果は、2020年3月12日、bioRxivに公開された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)