3カ月強で5億円費やす内閣府のバイオデータ施策、成果発表はライブ配信に

内閣府PRISMの予算は2020年度も100億円、ガバニングボードで決定
(2020.03.25 08:00)1pt
河田孝雄

 官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)の令和元年度(2019年度)採択施策の成果を発表するシンポジウムが2020年3月18日午前中に慶應義塾大学で開催された。当初は100人規模の参加者を集める予定だったが、新型コロナウイルス対策のため、YouTubeを活用したライブWeb配信による情報開示に変更した。2019年度PRISMの実施方針を内閣府ガバニングボードが発表したのは2019年11月14日で、実際に研究開発が始まったのは12月になってからだった。PRISMは単年度予算なので予算は3月中に使う必要がある。そのため今回の発表は、わずか3カ月余りの成果だった。PRISM全体の予算は2020年度も2019年度と同額の100億円規模になることが2020年2月27日開催のガバニングボードで決定した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧