塩野義製薬の研究開発説明会で8の候補品を紹介

ワクチンやペプチドなど低分子以外の創薬技術をアピール
(2020.03.24 08:00)1pt
橋本宗明

 塩野義製薬は2020年3月19日、研究開発に関する説明会を開催した。現在、英GlaxoSmithKline(GSK)社と共同で創製した抗HIV薬のドルテグラビルがもたらす収入が、塩野義の収益の大きな柱になっている。抗HIV薬関連のロイヤルティー収入は2019年3月期には1200億円を超えた。ドルテグラビルの権利は、GSK社と米Pfizer社、塩野義が出資する英ViiV Healthcare社が有しており、同社から塩野義にはロイヤルティー収入と別に配当収入も入ってくる。ViiV社などからの配当収入も、2019年3月期には300億円近くに達した。2019年3月期の塩野義の連結売上高は3637億円、営業利益は1385億円で、抗HIV薬に大きく依存している状況がうかがえる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧