再生医療等製品のゾルゲンスマとネピックが承認

 ノバルティスファーマは2020年3月19日、脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する遺伝子治療用製品「ゾルゲンスマ」の製造販売承認を取得したと発表した。2018年11月上旬の申請から1年4カ月余りでの承認となった。また同日、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングも角膜上皮幹細胞疲弊症の治療に用いる自家培養角膜上皮製品「ネピック」の製造販売承認を取得したと発表した。いずれも再生医療等製品で、2020年2月26日の薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会で承認が了承されていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)