アステラスと鳥取大、約4年でウイルス療法の臨床試験が開始に至ったワケ

 アステラス製薬が、米国で進行性および転移性固形がんを対象に第1相臨床試験を実施している腫瘍溶解性ウイルス(開発番号:ASP9801)は、鳥取大学医学系研究科の中村貴史准教授との共同研究から見いだされた、ヒトIL-7とヒトIL-12を発現する弱毒化組換えワクシニアウイルスだ。両社が、2015年に共同研究をスタートしてから、2018年に独占的ライセンス契約に至り、2019年に臨床試験を開始するまで約4年――。比較的短期間で開発が進んだ背景などについて、2020年1月27日、中村准教授が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)