米Blue Shield of California(Blue Shield)社は、2020年3月9日、解明されていない病状で精密医療(precision care)を受け、集中治療下にある重症の乳児および小児を救うため、高速・超高速の全ゲノムシーケンス(WGS)をカバーする米国初の医療保険を発表した。同社は、非営利の医療保険サービスをカリフォルニア州で展開している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)