サンバイオ、TBIの承認申請を遅らせた3つの理由を説明

 サンバイオは2020年3月18日、2020年1月期の決算説明会をオンラインで開催した。他家細胞医薬SB623の外傷性脳損傷(TBI)に対する国内承認申請時期を後ろ倒しにしたことについて、森敬太社長は会見で「日立化成への技術移転に時間を要している」など3つの理由を述べた。一方、SB623の慢性期脳梗塞への開発は現段階で進捗は無く、また主要評価項目未達の第2b相臨床試験は今後学会発表をせず非開示とする方針を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)