大阪大など、新型コロナにVLPワクチンと不活化ワクチン開発へ

 大阪大学微生物病研究所と、ワクチンの開発・製造を手掛ける阪大微生物病研究会(大阪府吹田市、山西弘一理事長)、医薬基盤・健康・栄養研究所は、2020年3月18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンと検査技術の開発に着手したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)