Gilead社、HIVカプシド阻害薬GS-6207の第1b相で安全性確認

 米Gilead Sciences社は、2020年3月11日、HIV-1のカプシドの機能を阻害するGS-6207を用いた前臨床研究と臨床試験で得られたデータが、米国Bostonで開催されたレトロウイルスと日和見感染症会議(CROI)2020で報告されたことを明らかにした。GS-6207は、長時間作用型の抗HIV薬候補として開発されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)