米Kymera社、蛋白質分解誘導薬の臨床開発に向けシリーズC資金調達

 米Kymera Therapeutics社は2020年3月12日、シリーズCラウンドで1億200万ドル(約109億円)を調達したと発表した。また、血液がんを対象とする蛋白質分解誘導薬の開発推進に向けて、白血病リンパ腫協会(LLS)の治療開発支援組織「LLS TAP」からの資金も受け取ったことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)