ペルセウスプロテオミクス、新規上場を延期

 ペルセウスプロテオミクス(東京・目黒、横川拓哉社長)は2020年3月12日、東証マザーズへの上場手続きを延期すると発表した。同日開催の取締役会で、3月24日に予定していた普通株式の東証マザーズへの上場に伴う公募および第三者割当による募集株式発行並びに株式売出しの中止と、上場手続きの延期とを決議した。東京証券取引所は同日、ペルセウスプロテオミクスの申し出により、上場承認を取り消したと発表している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)