新型コロナの日本語版AI診断支援ソフトが登場へ、でも国内利用にはあの「壁」が

 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の診断支援に活用されているAI(人工知能)診断支援ソフトウエアの日本語化を、開発元の中国インファービジョン(Infervision)が進めている。ソフトの完成は間近だが、日本国内で使うには高い壁が待ち構えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)