「虎の子」アルゴリズムを提供、体組成計の覇者を目指すタニタの狙いとは

 タニタは体脂肪率などの体組成を計測するアルゴリズムを、医療機器メーカーのエー・アンド・デイにライセンス提供することを決めた。これまでアルゴリズムは門外不出としてきたが、ライセンス供給で同アルゴリズムを搭載した製品を増やし、競争優位性を高める方向にかじを切る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)