新型コロナに挑む(3)

治療薬やワクチンの開発に乗り出す国内企業はごく一部という現実

(2020.03.12 08:00)
2020年03月16日号
久保田文
武田薬品工業はCOVID-19の治療薬として、新規の血漿分画製剤の開発を開始した(画像:123RF)

 新型コロナウイルスの感染がじわじわと拡大する中、治療薬やワクチンへのニーズは高まっている。日経バイオテクでは、米国、中国、日本を中心に治療薬やワクチンの研究開発動向を調べた。国内で新型コロナウイルスを検出する検査技術の開発に乗り出した企業の動向も調査した(開発動向がめまぐるしく変化しているため、3月16日号特集をオンラインで先に掲載していきます)。

『日経バイオテク』3/16号特集「新型コロナに挑む」
(1)新型コロナウイルスについて今分かっていること(3/11公開)
(2)世界の治療薬の開発動向 (3/12公開)
既存薬の転用と新薬の開発が同時並行で進行中
(3)国内製薬企業の動向 (3/12公開)
治療薬やワクチンの開発に乗り出す国内企業はごく一部という現実
(4)世界のワクチンの開発動向 (3/13公開)
開発競争が激化する中、不安材料も浮上中
(5)国内の検査技術の開発状況 (3/13公開)
研究用試薬を容認し検査体制の拡充を図った厚労省

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して、国内の製薬企業はどのような研究開発の取り組みを行っているのだろうか──。国内では2020年3月4日に、武田薬品工業が治療薬の開発を行うと公表した。また、3月10日までに日経バイオテクが取材したところ、国内の幾つかの大手製薬企業が、ワクチンの開発や治療薬の検討をスタートさせていることが明らかになっている。

 日経バイオテクの取材では、日本医療研究開発機構(AMED)が研究費を拠出し、東京大学医科学研究所(医科研)が進めているmRNAベースのワクチン開発に、国内のある大手製薬企業が参加しているもようだ。mRNAベースのワクチンは、核酸(mRNA)を体内に直接投与して、mRNAがコードする抗原の蛋白質を標的細胞で発現させることで、抗原に対する免疫を誘導する薬剤だ。

 その製薬企業は以前から、核酸医薬の基盤技術の確立を進めるとともに、薬物送達技術(DDS)の技術開発も実施。数年前には、mRNAやDNAをベースとしたワクチンとDDSを組み合わせて、感染症を対象に複数のワクチンの研究開発に乗り出していた。今回の新型コロナウイルスに対して、医科研が進めているmRNAベースのワクチン開発にも、同社のこうした基盤技術を活用しているものとみられる。

 mRNAベースのワクチンは、化学合成が可能であるなど蛋白質ベースのワクチンや、ウイルスベクターを用いるワクチンなどに比べて製造工程の開発などに時間がかからない。非臨床試験がクリアできれば、比較的早期に臨床試験がスタートできると期待され、実際、米国立衛生研究所(NIH)傘下の米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)と協力して開発を進めている米Moderna社のmRNAベースのワクチンは、2020年3月にも臨床試験入りする見通しだ。

 またエーザイは、日経バイオテクの取材に対して、COVID-19の治療薬の検討を始めたことを明らかにした。ただし、モダリティ(治療手段)などの詳細は非公表。同社の広報担当者は「今回の新型コロナウイルスの感染拡大に、検討を始めた治療薬が間に合うとは考えていないが、製薬企業の使命として検討を開始した」と説明している。

 さらに、武田薬品は、COVID-19の治療薬として、新規の血漿分画製剤(開発番号:TAK-888)の開発を開始した。同血漿分画製剤は、新型コロナウイルスに感染後に回復した患者やワクチン開発後にワクチン接種を受けた患者をドナーとし、それらのドナーから原料となる血漿を収集。血漿に含まれ、新型コロナウイルスを特異的に認識する多様な抗体(免疫グロブリン:IgG)を濃縮した、ポリクローナルな高免疫グロブリン(H-IG)を成分とする治療薬である。同社は現在、血漿の収集に向けて、米国、アジア、欧州などの規制当局や医療関連企業・機関と協議を進めている。

 さらに武田薬品は、同社が販売する治療薬のうち、作用機序などからCOVID-19への効果が期待されるものがないか調査を進めており、有望なものが同定されれば研究を行う予定だ。

 国内では他にも、AMEDが進める創薬研究事業の1つである、創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)において、新型コロナウイルスの治療薬候補となる低分子化合物のスクリーニングを進めており、一部の製薬企業が化合物の拠出など協力を行っている。BINDSでは、既知の低分子化合物、約8000種を座標化しており、新型コロナウイルスの蛋白質の立体構造を阻害するかどうかなど、コンピューター内(in silico)でシミュレーションし、化合物を探索。有望な化合物が見つかれば、必要に応じ、外部から取り寄せるなどして試験管内(in vitro)の実験などを進める方針だ。

 もっとも、米国や中国、韓国などで相当数の製薬企業、バイオ企業が、ワクチンや治療薬の開発に相次いで乗り出している状況に比べると、日本の製薬企業やバイオ企業の動きは鈍い。ある業界関係者は、「今回の新型コロナウイルスに対して、治療薬やワクチンの研究開発を始めようという日本企業があまりに少ない」と指摘する。背景には、日本の製薬企業の多くが、そもそもワクチンの研究開発基盤を有していないことや、選択と集中を進める中で重点疾患領域から感染症を外しているといった事情がある。ただ、前述の業界関係者は「感染症は、過ぎたら忘れてしまうが、世界の公衆衛生にとっては、常に重要な課題。日本の製薬企業の存在意義をもっと示せないものだろうか……」と嘆いていた。

バイオの専門情報が毎日届くメルマガ(無料)の登録はこちらから
「日経バイオテク」の無料試読のお申し込みはこちらからお進みください。
日経BPの特設「新型コロナ最新情報」 → https://business.nikkei.com/covid19/?n_cid=nbpnbt_cpco_leaf

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧