不二たん白質財団、昨秋の台風19号に続き新型コロナへの対応で設立40周年の集いを中止

 公益財団法人不二たん白質研究振興財団が設立40周年を記念して都内の帝国ホテルで開催予定だった「設立40周年の集い」が、新型コロナウイルス対応のため、再度中止になった。この集いは当初、2019年10月12日の開催が予定されていたが、同日に日本に上陸した台風19号への対応で急きょ中止し、5カ月余り延期して2020年3月21日に開催される予定だった(台風19号は台風15号と共に「令和元年東日本台風」と2020年2月に気象庁が42年ぶりに命名)。併せて集いの前に経団連会館で開催される予定だった公開講演会「大豆のはたらき in 東京ー大豆に関わった40年・未来への提言ー」も、2019年10月12日開催予定の中止に続いて、2020年3月21日開催予定も中止になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)