スウェーデンKarolinska研究所は、2020年2月26日、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者の肝マクロファージにおいて、miR144をサイレンシングすると、マクロファージが正常な抗酸化作用を回復する可能性を示した。この発見は、脂肪肝治療のための新たな戦略の開発に結びつく可能性がある。研究成果は、Science Translational Medicine誌の2020年2月26日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)