シスメックス、免疫を利用した新型コロナの簡易検査の開発を検討開始

 シスメックスは2020年3月6日、技術説明会をライブ配信で開催。抗原抗体反応を利用した蛋白質測定技術を応用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する簡易検査の開発に向けて検討を開始したと発表した。また、個別化医療の実現に向けた新たな取り組みや、体外診断(IVD)事業に関する研究開発について説明した。IVD事業のうち血球計数検査(ヘマトロジー)分野では人工知能(AI)による画像解析を、血球の分析に応用する研究事例を紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)