武田薬品、新型コロナウイルスに回復患者由来の血漿分画製剤を開発へ

 武田薬品工業は、2020年3月4日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療用に新規の血漿分画製剤(開発番号:TAK-888)の開発を開始すると明らかにした。3月4日、米国議会へ情報提供するという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)