Icaria、2020年にも自由診療向けに小規模のサービス立ち上げへ

 ベンチャー企業のIcaria(東京・文京、小野瀬隆一代表取締役CEO)は、独自のマイクロデバイスを使って尿中のエクソソームを網羅的に捕捉し、エクソソーム中のmiRNAや尿中のフリーのmiRNAの発現プロファイルの解析を実施中。そうした研究成果に基づき、がん種別などに標的とするmiRNAマーカーを絞り込んだ上で、アルゴリズムに基づいて、がんの罹患リスクなどを判定する検査技術を開発している。2020年2月19日、同社の小野瀬代表取締役が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)