米NGM Biopharmaceuticals社は、2020年2月24日、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)患者に、線維芽細胞成長因子19(FGF19)アナログにであるaldafermin(NGM282)を適用した二重盲検のランダム化第2相臨床試験のコホート4において、予備的ではあるが好結果が得られたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)