PSSの田島社長、「社会貢献すべき時期」と強調

 プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)は2020年2月27日に2020年6月期の第2四半期の決算説明会を開催。田島秀二社長は、「これまでは研究開発向けに技術と製品を提供してきたが、臨床に関わる製品の売り上げが立ち始めつつある。2020年はこれまでのベンチャーから、本格的に実業の世界に入って業績を拡大していきたい」などと語り、業績拡大に意欲を見せた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)