ゲノム編集CRISPR特許、Broad研の特許庁審決不服訴訟2件に知財高裁が判決

日本ではBroad研の特許侵害回避策の選択肢が広がる
(2020.02.28 08:00)1pt
河田孝雄

 米Broad Institute(Broad研)がゲノム編集技術CRISPR/Cas9の関連特許を認めなかった特許庁の審決を不服として審決取り消しを求めた2件の訴訟の判決が、2020年2月25日に知的財産高等裁判所で出された。2件のうち1件は、特許庁の拒絶審決が取り消されたので、このまま特許が認められればBroad研の日本におけるCRISPR特許が強化される(特開2016-171817判決)。もう1件は特許性の拒絶が維持された(特開2016-165307判決)ので、この特許が成立しなかった場合に可能な知財回避策の検討がさらに重要となりそうだ。「今回の2つの判決は、日本においてBroad研のCRISPR知財が限定的になる見込みになったという意味合いが大きい。海外の基本特許に悩まされ続けてきた日本企業にとって朗報と位置付けてよいのでは。日本ではBroad研のCRISPR特許が既に7件成立しているが、回避は可能」と、セントクレスト国際特許事務所代表社員(副所長)バイオ・医薬部門長の橋本一憲弁理士はコメントした。橋本弁理士は、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のバイオテクノロジーに関する国民理解等の構成員や日本ゲノム編集学会のアドバイザーを務めている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧