テラ、末梢循環腫瘍細胞を抗原とした樹状細胞ワクチンなど開発品拡大へ

 テラは、2020年2月27日、2019年12月期通期の決算説明会を開催。現在、膵臓がんを対象とした医師主導治験が進んでいるWT1抗原を使った樹状細胞ワクチン(開発番号:TLP0-001)以外にも、末梢循環腫瘍細胞(CTC)を抗原とした樹状細胞ワクチンなど開発パイプラインの拡充を図る方針を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)