厚労省部会、米国で2億円超のゾルゲンスマなどの承認を了承

 厚生労働省は、2020年2月26日、薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会を開催。ノバルティスファーマが2018年11月に承認申請していた脊髄性筋萎縮症(SMA)治療薬の「ゾルゲンスマ」(オナセムノゲンアベパルボペック)や、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)の「ネピック」(ヒト(自己)角膜輪部由来角膜上皮細胞シート)の承認などが了承された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)