米Incyte社は2020年2月19日、アトピー性皮膚炎の適応で開発中のJAK1/2阻害薬ルキソリチニブのクリーム製剤について、2本の第3相試験(TRuE-AD1、TRuE-AD2)で主要評価項目を達成したと発表した。患部皮膚病変が消失、またはほとんど消失した患者の割合がプラセボとの統計学的有意差に達した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)