新型コロナ、全数検査からサーベイランスの仕組みの整備へ

 政府は2020年2月25日、新型コロナウイルス対策本部を開き、新型コロナウイルス感染症対策の基本方針を決定した。これまで講じてきた水際対策に加えて、国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域では小規模患者クラスターが把握される状態になったことから、クラスターを生み出すことを防止する徹底した対策を講じるとともに、今後の状況の進展を見据えて講じていくべき対策を整理したのが基本方針の内容だ。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)