AMED末松理事長、「警告を発するのが僕の役割」

 日本医療研究開発機構(AMED)の末松誠理事長は2月20日、都内で緊急講演会を開き、AMEDが組織としての自律性(オートノミー)を欠いた状態にあることについて、危機感を改めて表明した。次期理事長就任への意向について問われ、「(理事長を決定する権限を持つ)安倍首相には思いを受け止めてもらっていると考えている」と述べ、可能なら続投したいと受け取れるような回答をした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)