米GRAIL社は2020年2月18日、がん早期診断の前向きスクリーニング試験(PATHFINDER、NCT04241796)を開始したと発表した。次世代シーケンサー(NGS)による血液検査の結果を試験実施施設と被験者にフィードバックする同社初の介入試験として、米食品医薬品局(FDA)による研究医療機器の適用除外(IDE)が認められた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)