米University of South Florida Health(USF Health)Morsani College of Medicineの研究者たちは、足場蛋白質であり、オートファジーに関わるβ-アレスチン-2のオリゴマー形成が、前頭側頭型認知症患者などの脳内に神経原線維変化を生じさせている可能性を示すとのデータを、2020年2月18日、PNAS誌のオンライン版に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)