中谷医工財団の助成で東大に医工連携の新拠点が誕生へ

 公益社団法人中谷医工計測技術振興財団は、2019年度長期大型研究助成事業として東京大学臨床生命医工連携研究機構・次世代臨床医用計測技術研究ネットワーク拠点を選定した。5年間で合計3億円を助成する予定で、これを受けて東京大学は機構の下に寄付研究部門「次世代臨床医用計測技術研究ネットワーク拠点」を2020年4月1日に発足させる。同財団の長期大型研究助成は今回で3回目。過去2回は個別の研究を対象に行ったが、今回は研究システムに対する初めての助成になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)