キャンバス、CBP501の第1b相試験の拡大相は2020年9月の終了見込む

 キャンバスは2020年2月18日、2020年6月期第2四半期の決算説明会を開催した。河邊拓己社長は、主力開発品のCBP501について、膵臓がんとマイクロサテライト安定性(MSS)の直腸大腸がんを対象に進めている第1b相臨床試験(拡大相)の進捗を報告。2020年の5月末から開催される予定の米臨床腫瘍学会(ASCO2020)で拡大相の途中経過を発表する計画を立てていると説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)