IQVIAジャパンは、2020年2月18日、2019年(1月-12月)の国内医療用医薬品市場(薬価ベース)の年間データを発表した。売上高1位には、がん免疫薬「キイトルーダ」が初めて浮上した。前年6位からの大幅なランクアップだった。またEGFR阻害薬「タグリッソ」と利尿薬「サムスカ」も初めて年間でランクインした。国内医療用医薬品市場は、前年比2.8%増の10兆6256億3100万円となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)