カイオム、2020年前半に国内で治験申請へ

 抗体医薬の研究開発を手掛けるカイオム・バイオサイエンスは2020年2月17日、2019年12月期決算説明会を開催した。小林茂社長は自社開発品の「CBA-1205」について、「2020年前半には国内で治験開始申請を予定している」と語り、創薬事業による収益モデル確立に向けた順調な進捗をアピールした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)