東証マザーズ、ペルセウスプロテオミクスの上場を承認

 東京証券取引所は2020年2月17日、ペルセウスプロテオミクス(東京・目黒、横川拓哉社長)の東証マザーズへの上場を承認した。3月24日に上場する。同社は東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦教授、浜窪隆雄教授(現日本医科大学教授)、油谷浩幸教授らの研究成果を基に、01年2月に設立されたベンチャー。09年2月以降、富士フイルムの連結子会社となっていたが、2018年3月にベンチャーキャピタルを対象に増資を行い、連結対象から外れて株式上場を目指していた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)