英London大学Queen Mary校や英Cancer Research UK Barts Centreなどの研究者らは、口蹄疫ウイルス由来のペプチドを利用すると膵管がんに薬物を効率よく送達できることをin vitroとin vivoで確認した。研究成果は、Theranostics誌の2020年2月12日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)