スイスRoche社と米Eli Lilly社は、2020年2月10日、アルツハイマー病(AD)の適応で開発中の両社それぞれの抗アミロイドβ(Aβ)抗体候補について、家族性ADの認知機能の低下を抑制する効果を見いだせなかったことを明らかにした。これは、家族性AD、すなわち常染色体顕性遺伝によるAD(ADAD)への早期介入共同研究「DIAN-TU(Dominantly Inherited Alzheimer Network Trials Unit)」の第2/3相試験(DIAN-TU-001、NCT01760005)の結果で、主要評価項目を達成しなかったことを両社がそれぞれ発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)