シンバイオ製薬、2019年度は品質問題で大幅赤字も2年後の黒字化に自信

 シンバイオ製薬は、2020年2月13日、2019年度通期の決算説明会を開催した。同社は、主力製品である「トレアキシン」(ベンダムスチン)について、不純物が混入するなどした不良品が生じ、出荷が遅れた影響などを受け、2019年度通期は営業損失が43億円と赤字だった。吉田文紀社長は、2020年2月に策定した、2020年12月期から2022年12月期までの3カ年にわたる中期経営計画についても触れ、2021年度に黒字化を達成する目標や、その後の成長戦略を語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)