三菱ケミカルHD、新規事業で長期成長のシナリオ示す

総合力で社会課題を事業機会に変えられるか
(2020.02.13 13:00)1pt
橋本宗明

 三菱ケミカルホールディングス(HD)は2020年2月12日、中長期の事業計画である「KAITEKI Vision30」に関する記者説明会を開催した。気候変動や水資源の汚染、不足、海洋プラスチック汚染、人口増加と高齢化の進展などの社会課題がクローズアップされる中で、2050年に目指すべき社会や企業像を想定し、そこから逆算して2030年に手掛けているべき成長事業を描き出した。今後、これを基に2025年までの中期経営計画を策定する計画だ。脱プラスチックなど、化学企業として直面するリスクをビジネスチャンスに変えられるだろうか。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧