米LogicBio Therapeutics社は、2020年2月10日、メチルマロン酸血症(MMA)に対するゲノム編集療法であるLB-001の新薬臨床試験開始届(IND)に対し、幾つかの臨床上および非臨床上の疑問が解決されていないとして、米食品医薬品局(FDA)が臨床試験の差し止めを提起したと発表した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)