「遺伝子治療が出てきても凝固因子製剤は必要」

 Rare Disease Day(RDD)日本開催事務局とファイザーは2020年2月4日、2月29日の「世界希少・難治性疾患の日(RDD)」に先立ちプレスセミナーを都内で行った。登壇者の東京医科大学・臨床検査医学分野血液凝固異常症遺伝子研究寄附講座の天野景裕教授が血友病を取り巻く現状について講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)