「遺伝子治療が出てきても凝固因子製剤は必要」

東京医科大学の天野景裕教授、血友病治療薬の開発状況を解説
(2020.02.14 08:00)1pt
伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 Rare Disease Day(RDD)日本開催事務局とファイザーは2020年2月4日、2月29日の「世界希少・難治性疾患の日(RDD)」に先立ちプレスセミナーを都内で行った。登壇者の東京医科大学・臨床検査医学分野血液凝固異常症遺伝子研究寄附講座の天野景裕教授が血友病を取り巻く現状について講演した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧