国際連携による全ゲノムがん種横断的解析プロジェクト(PCAWG)の一環として行われたがん全ゲノム情報解析で、これまでで最も網羅的、かつ詳細な大規模解析が行われ、ゲノムマップが作成された。理化学研究所生命医科学研究センターがんゲノム研究チームの中川英刀チームリーダー、東京大学医科学研究所健康医療データサイエンス分野の井元清哉教授らを含む国際共同研究グループ「The ICGC/TCGA Pan-Cancer Analysis of Whole Genomes Consortium」の研究成果として、2020年2月6日のNature誌オンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)