日立造船、3Dプリンターやゴルフボールに続き化粧品にトチュウポリマー

 日立造船が、中国原産の落葉高木であるトチュウ(杜仲)の果皮から、トランス型ポリイソプレン(TPI)を高効率で精製する技術を開発し、「トチュウエラストマー」として事業拡大を進めている。2020年2月5日には、科学技術振興機構(JST)が産学共同実用化開発事業(NexTEP)にて2014年に採択した「植物由来機能性新素材の製造技術」の開発結果を成功と認定したと発表し、日立造船はトチュウエラストマーを配合した化粧品を伊勢半グループのエリザベス(東京・千代田)が2月3日に新発売したことを発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)